「肉離れ予防に必要だったこと」

今回のブログは、この「月刊トレーニングジャーナル 2017 1 No.447」の特集の中から「肉離れ予防に必要だったこと -正確な把握と適切な対策、伝える努力」を取り上げています。

特集は全部で4つあり、他は「予防の考えを浸透・継続させる取り組み」、「予防できる環境を整えるために」、「育成時代のコンディショニング」になります。

「肉離れ予防に必要だったこと」を選択したのは、何といっても、私自身が散々肉離れとおつきあいしてきたという経緯があり、非常に興味深く、また多くのスポーツ関係者にとって役に立つものと考えたためです。記述は特に印象に残った部分を列挙する形式とさせて頂きました。
筆者は内藤重人氏、読売巨人軍二軍トレーニングコーチ兼医療コンディショニング副室長です。関係者を巻き込んだ、緻密な調査・分析に基づいた素晴らしい内容となっており、実際に肉離れによる戦線離脱者の激減に成功されています。


1.障害予防マニュアルの作成
 ・2015年シーズン、春季キャンプ中の2月16日から6月16日までの約4ヶ月間に、一軍選手9名(11

  件)、二軍選手3名(4件)の肉離れが発生し、これが戦力ダウンに結び付いた。
 ・現場、球団の上層部から、予防のための教科書になるようなマニュアル作成の依頼があった。
 ・春先のケガは野球に限らずどのスポーツにも起きる。原因がわかれば予防できると考えた。
 ・マニュアルを作成するにあたり、選手のコンディショニング及び障害予防に携わるスタッフであ

  るトレーニングコーチ、理学療法士、トレーナーがそれぞれどんな考えを持っているのかをヒア

  リングした。
 ・なぜ肉離れは起きたのか、なぜ野手なのか、なぜシーズン序盤なのかをキーワードに原因を探っ

  た。
 ・スポーツ医科学に関するさまざまな情報を集めるため、JISS(国立スポーツ科学センター)、病

  院、大学、さらに日本肩関節学会、JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)、日本整

  形外科スポーツ医学会、日本臨床スポーツ医学会などから、症例や論文など大変参考になる情報

  を頂いた。

このマニュアルは、ユニフォームのポケットに収まるサイズになっているそうです。(素晴らしい!)

2.肉離れとは何か
 ・マニュアル作成を始めてから月に数回「C(コンディショニング)会議」を開いて、球団フロン

  トを含む5~6名で昨年の肉離れ発生原因を検証した。
 ・実は、肉離れの定義が難しく、そのため治療や評価のノウハウが曖昧な状況だった。そして、定

  義を考える上で、肉離れのMRI画像から専門医は何を診るかということが参考になった。特に出

  血像が重要になるが、出血像の多少と重症軽症を安直に結びつけるべきでなく、出血像が少ない

  からといって安易に復帰させるべきではない。
 ・肉離れの定義は、二関節筋を中心とした羽状筋で、筋腱移行部に起こりやすい筋膜・腱膜の損傷

  であると考えている。
 ・肉離れの定義を限局して考えることにより、その対処法を明確にするという根本をおさえること

  が、予防に取り組むうえでも大事である。このことが今回一番の収穫だった。


3.野球の特性を踏まえて
 ・攻守交代は身体を冷やすことになる。肩については何度か送球して準備するが、下肢に対する準

  備は不足しがちであり、ケガをしやすい要素をもっている。
 ・今回の検証から、肉離れは複合的な問題で起き、何か単一の原因を突き止めるのは難しいという

  ことが分かった。
 ・下腿(腓腹筋、ヒラメ筋)の肉離れは加齢との相関が高いことが報告されている。
 ・ハムストリングスの肉離れに関して、走塁の局面ではファーストベースを駆け抜ける際に足を大

  きく伸ばし強く踏み込むので、股関節屈曲・膝伸展で体幹は回旋(股関節内旋)という肉離れが

  起きやすい状況になる。
 ・野球選手は疾走距離が長くても前傾姿勢のまま走ることが多いが、地面を押す局面(走り方)ば

  かりでスピードを上げようとすると、肉離れは起きやすい。投げる距離によって投げ方が変化す

  るのと同じように、走る距離によって走り方も変わることを理解する必要がある。投げる動作と

  同様に、走る動作も個々の走技術の特性を理解して、画一的でない指導が必要である。


4.トレーニング、食事改善による予防
 ・肉離れの件数は2015年の11例から、一軍では2例に、二軍では0になった。(目標は、マニュア

  ルの冒頭の「肉離れ ゼロへ」)
 ・トレーニングでは、スパイクでの全力疾走、方向を変えるアジリティ、ストレッチショートニン

  グサイクルで下腿部に刺激を入れるジャンプトレーニングという、全力疾走・アジリティ・ジャ

  ンプという3つの要素を取り入れた。実施はウォームアップ直後に入れた。
 ・食事改善では、電解質の確保のため水分補給はスポーツドリンク、カフェインを含む緑茶は避け

  る。体脂肪はリスクファクターになるため、キャンプ中の食事の献立はホテルと協力して考え

  る。また、寮や練習場などでの食事の献立も見直している。


5.ケガにつながるものは私生活まで網羅
 ・障害予防は、選手や医療スタッフを含め、現場にいるすべての人の仕事である。なぜなら、ケガ

  の原因は現場にいる人間しかわからないためである。
 ・試合時の気温・湿度・気候や練習量、また長距離移動した直後だったかなどの状況を見落とさな

  いことが重要である。
 ・選手の体調や日々変わるので、それを選手が自覚できるか。今の疲労や身体コンディションをど

  う考えるかが重要であり、マニュアルにはシーズン以外についても書かれており、ストレッチや

  トレーニング、食事、睡眠、入浴、メンタルなどすべて網羅している。
 ・ちょっとした不調なら自ら治す能力が人間にはあるが、煙草やアルコール、カフェイン、ファス

  トフード、不規則な生活は体調を崩す。選手自身の私生活が悪ければ成功にはつながらない。セ

  ルフコンディショニングが重要となる。