捻挫(足首)

概要
捻挫は関節の過度な伸展にともない、靭帯が部分的に傷害されたもので、強い痛みと共に傷害の大きさにより腫れ、発熱、皮下出血、水腫などがみられます。受傷時は肉離れ同様、皮下出血を最小限に抑える処置のRICE(ライス)という応急処置を行うのが基本です。下段「メモ」を参照ください。

 

ポイント
1.受傷時はRICEにより、皮下出血を最小限に留めることが重要です。
2.治療点は受傷部位と足関節の稼働に関係する筋と腱になります。
3.慢性化した捻挫の場合、硬結に運動鍼や灸を使うことが有効です。

 

補足説明
鍼灸治療は傷害の程度、皮下出血の量によりますが、通常は受傷24時間~72時間経過後であれば治療は可能です。

目的は回復を促進しできる限り早く、通常の状態に戻すことですが、そのためには硬くなった筋や腱などの硬結や受傷部位の瘢痕(傷あと)を除去するために十分な血液を送り、酸素と栄養素を最大限に供給することが必要です。例えば、足関節
外側部であれば、長短腓骨筋の負荷が高まり筋や腱が硬直化しますので、長短腓骨筋腱が対象になります。

 

慢性化した捻挫の対応
・硬いシコリは古傷の瘢痕治癒(傷あと)とよばれる状態です。この古傷の硬結や

 突っ張りを取り除かないと再発の可能性が高くなります。
・触診はやや爪を立てる感じで指先に力を入れ、特に痛みを感じる圧迫方向を

 チェックします。
・治療は痛い所を探すのが第一の仕事です。内果であれば下部、外果であれば後下

 部の靭帯に1㎜以下の細い線状の硬結が出ており、これらの硬結に鍼もしくは灸

 を使い取り除きます。

 

付記
・RICE(ライス)…RはRESTで「安静」、IはICEで「冷却」、CはCOMPRESSIONで

 「圧迫」、EはEREVATIONで「高挙(横になって患部を心臓より高くする)」で

 す。目的は出血や炎症を最小限にするために行います。