当院の治療

基本方針
1.患者さまの自然治癒力を本来のあるべき姿に戻すこと。

2.エネルギー素の気血津液を調えること。
3.筋肉を軟かい状態にして血行を高め、臓器と組織に酸素と栄養素を送ること。

4.丁寧な仕事を行うこと。


治療法
1.本治
 ・決定した治療方針(証)に基づき、虚した経絡の変動を調節するために、手足

  およびお腹や背中にある要穴に補法を行い経絡の変動を調えること。


2.標治
 ・病める個所、体表に現れた硬結、陥下、圧痛点等の生きた経穴を触診により把

  握し、補瀉法を行うことにより痛みなどの問題を取り除くこと。
 ・筋肉や腱などに発生するトリガーポイントは離れた部位に関連痛を引き起こす

  ので、治療点を探す時に関連痛の可能性を考慮すること。

 

鍼灸治療が特に有効な患者さま
1.自律神経を調整し、血行を改善し、自らの自然治癒力によって健康な心身に整

  えたい患者さま

 鍼灸では「病」の前段階を「未病」といいます。そして病に至ることなく未病の段階で健康を取り戻すのが鍼灸治療の狙いの一つです。また、なってしまった病は、患者さま本来の自然治癒力のパワーによって、健康を取り戻します。このように鍼灸治療は自律神経を調え、自らの自然治癒力というパワーを復活させることにより、自らの力で健康になることができます。

 

2.筋肉が原因の痛みやしびれ等の問題を解決したい患者さま
 加茂整形外科医院の加茂淳医院長(著書は「トリガーポイントブロックで腰痛は治る!」など)はおよそ30年前から筋肉が原因の問題に取り組まれています。また、東京慈恵医科大学付属病院 北原雅樹ペインクリニック診療部長(著書は「肩・腰・ひざ…どうやっても治らなかった痛みが消える!」など)は著書の中で、「いつまでも治らない慢性の痛みの多くは筋肉の痛み(筋肉のコリ)が原因です。」と断言されており、トリガーポイントに対する処置を実践されています。

 もちろん、筋肉以外の原因でないかどうかを慎重に検討することが第一ですが、その結果、筋肉に問題ありとなった場合、「痛み止め」や「湿布」あるいは「電気治療」などは、いずれも筋肉の問題を根本解決する手段としては、効果の高いものではありません。しかしながら、加茂先生や北原先生のような整形外科医はまだまだ少ないのが現状です。従って、現実的には筋肉の問題であれば、整形外科ではなく鍼灸院の方が効果的な治療を受けることができます。

☆自然治癒力とは(2018年10月19日追記)

最大のテーマでありながら、曖昧な部分があった ”自然治癒力” は、7月にスタートした「がんと自然治癒力」というブログの中で、自分なりの結論に至りました。それは次のようなものです。

自然治癒力とは体外、体内の危険と対峙するためのものであり、その働きをひとことで言うならば、ストレス適応と栄養代謝となる』

詳細は「がんと自然治癒力13(まとめ)」の後半部をご覧ください。 


ご参考

【科学も認めるはりのチカラ】という、公益社団法人日本鍼灸師会さまが発行してる資料です。

◆鍼の効果の本質—-向ホメオスタシス

◆鍼治療の自律神経調節・抗ストレス作用、鎮痛作用

◆鍼刺激による血液循環改善作用の反射性メカニズム  

◆世界で注目される「はりきゅう」 

東京都鍼灸師会さまのサイトで見つけました。




ダウンロード
師匠の師匠となる、岡部素道先生の鍼灸治療に関する調査報告です。内容は鍼灸師の方向けとなっています。
岡部素道の鍼灸治療.pdf
PDFファイル 375.6 KB

1964年 東京オリンピック 金メダル

女子バレーボール監督 大松博文氏の色紙です。

気づきの「魂」を磨いていきたいと思います。