認知症とリスペクト(純粋痴呆)

先月後半に放送されたニュース番組の中で、確か沖縄県で実施された調査だったように思うのですが、「認知症患者の症状の出方」に関しての話があり、認知症の症状が穏やかなのは、沖縄県の人が伝統的に高齢者に敬意をもって接しているからだということでした。

「どういうことなんだろう」、もう少し詳しく知りたいと思い真剣にネット検索したところ、おそらく、この件のことだろうという記事を見つけました。

それは「純粋痴呆」、幸せで穏やかな痴呆が生まれる背景について書かれていました。

あいわクリニック(国立沖縄病院名誉院長)源河圭一郎

85歳以上の四人に一人が罹患する「認知症」は、高齢者の増加とともに今後ますます身近な病気として、医療・介護の両面から適切な対応が求められている。診療の現場で高齢者が受診する機会が多く、認知症の早期発見・診断などを担う重要な存在である一般医師を対象にして、沖縄県でも平成19年度から「かかりつけ医認知症対応力向上研修会」を開催し、数少ない認知症サポート医が豊富な経験を生かして講師を務める研修が県内各地で行われている。

「認知症」の進行とともに家族や介護職員の負担が増大し、介護疲れや虐待から起こる悲劇がマスコミに取り上げられる事態は、世相の反映そのものである。「認知症」に必ずみられる症状として物忘れや判断力の低下などの中核症状と、環境や人間関係などに起因する抑うつ、妄想、幻覚、不穏、徘徊などの周辺症状がある。認知症患者本人や介護者を苦しめ、深刻な介護地獄をもたらすさまざまな問題行動は、周辺症状に含まれる。

認知症、とくに周辺症状は社会環境によってどのような影響を受けるであろうか。この問題についての示唆に富む研究があるので紹介したい。

その調査研究は琉球大学精神科(当時)の真喜屋浩先生が中心になり、日本復帰3年後の昭和50 年に沖縄の農村で行われた。対象となったのは佐敷村(現・南城市)在住の65歳以上の高齢者708名である。報告によると、明らかに「老人性痴呆」と診断された人の中で、うつ状態や幻覚・妄想状態などの周辺症状を示した人は皆無であったという驚くべき事実がある。同じ頃に東京で行われた調査では、「痴呆老人」の半数に周辺症状がみられたという。真喜屋先生は、「佐敷村のような敬老思想が強く保存され、実際に老人があたたかく看護され尊敬されている土地では、老人に精神的葛藤がなく、たとえ器質的な変化が脳に起こっても、この人達にうつ状態や幻覚・妄想状態は惹起されることなく、単純な痴呆だけにとどまるのではないか」と考察している。

周辺症状のない穏やかな痴呆状態を学術用語で「単純痴呆」と呼ぶが、臨床医としての立場から終末期医療に取り組んでいる大井玄東大名誉教授はこれを「純粋痴呆」と名付けて、真喜屋先生の報告を高く評価するとともに、「幸せで穏やかな痴呆」が生まれる背景に言及している。現在のような都市型の効率重視社会では 「純粋痴呆」の生まれる素地は無いと見るべきであろう。深刻な問題行動は、プライドを傷つけられ、ストレスに曝された高齢の認知症患者に起こりやすいと思われる。

30 年前の日本復帰前後の沖縄には、痴呆があっても社会生活を営むことが出来るゆったりとした時間が流れていたと推定される。人情に厚く、敬老精神に溢れ、痴呆老人が環境に順応し、人間関係から生じるストレスが最小に抑えられた結果、問題行動がほとんどみられない社会が沖縄の農村に実在したのである。しかしその後の本土との急速な一体化によって社会環境が激変した。

周辺症状を伴わず、問題行動と無縁な「純粋痴呆」を取り戻し、記銘力の喪失のみか、時間と場所の見当さえつかなくなった高齢者が尊厳ある生を全うできる共同社会が沖縄に再び到来する日を夢見ている。』

参考文献

1)真喜屋浩:沖縄の一農村における老人の精神疾患に関する疫学的研究、慶応医学55 : 503 - 512,1978

2)大井玄:痴呆の哲学、弘文堂2004 

3)大井玄:「痴呆老人」は何を見ているか(新潮新書)、 新潮社2008

今まで、ほとんど認知症について詳しく知ろうとしたことはありませんでした。今回、このような記事に関心が向いたということもあり少し調べてみました。他にも優れたサイトはあると思いますが、私が注目したサイトは「国立長寿医療研究センター」さまのページです。詳しく観たわけではありませんが、特にいいなと思ったページを4つご紹介します。

まずは、本丸である国立長寿医療研究センターさまのサイトです。右下に ”関連情報サイトのご案内” があり、その下にセンターの”ご紹介ムービーもあります。

こちらをクリック頂くと、”動画一覧” に移ります。

こちらも ”動画” ですが、「認知症はじめの一歩」という資料(PDF)もダウンロードできます。

. 認知症のことや 認知症の人との暮らしなど、250以上のQAが置かれています。

誤嚥性肺炎の予防

誤嚥性肺炎で最も問題となっているのは、高齢者に多くみられる睡眠中に起こる不顕性誤嚥を原因とするものです。
これは物を食べたり飲んだりする時に起こる嚥下反射と、誤って唾液などが気管に入りそうになった時に、それを防ぐために起こる咳反射が正しく機能しないことが大きな原因となります。
この2つの反射は脳の奥、中央部にある大脳基底核が関与するため、脳梗塞や脳血管障害などによりこの部位が障害されると、さらに誤嚥性肺炎のリスクは高まります。
誤嚥性肺炎には優れた薬が出ていますが、ここでは日常生活で可能な予防法として、嚥下・咳反射の向上を促す葉酸を含む食材を取ることと、口腔ケアを行うことについて、嚥下と咳の反射が起こるメカニズムに続き、ご紹介します。


1.2つの反射が起こるメカニズム
 嚥下反射と咳反射は迷走神経知覚枝の頚部神経節で合成されるサブスタンスPという神経伝達物質

 が咽頭・喉頭や気管に放出されることにより起きます。そしてこのサブスタンスPの合成は大脳基

 底核に受容体を持つ上位のドーパミン神経系により調節されています。

 ※サブスタンスPのPはペプチド(2個以上のアミノ酸の結合によってできた化合物)を指します。

 

サブスタンスPが合成されるとする部位の頚部神経節は、左図ほぼ中央の淡いピンク色で膨らみがある部分、「交感神経上頚神経節」にあたります。

2.葉酸の摂取
 葉酸はドーパミンを始めとする脳内の神経伝達物質の合成に重要な役割を果たしてます。一方、高
 齢者は消化吸収能の生理的低下や摂取量不足などにより、葉酸欠乏の傾向が多くみられます。
 これは葉酸は元々体内の貯蔵量が少ないことが原因の一つになっています。
 このように重要でありながら、欠乏傾向が強い葉酸を意図的に摂取することは、日常的にできる効
 果的な予防になります。
 下記の「栄養と食品」はネット検索で見つけたサイトです。食材、効果的な摂り方、注意点などが
 詳しく解説されています。ご参考にして頂ければと思います。

左をクリックしてください。葉酸について書かれたページに移動します。

3.口腔ケア
 口腔ケアとは、機械的に口腔内の知覚神経を刺激するということを意味しています。毎食後に時間

 をかけて、丁寧にブラッシングするということです。
 また、食事については、認知症予防として、よく噛んで食べることで感覚野の約3割が活性化さ

 れ、さらに自分の手で口に運んで食べることより、運動野の約7割を使うということが報告されて

 います。

こちらは【口腔ケア】というサイトです。同じく詳しく説明されています。

 

付記)

サブスタンスPという神経伝達物質が「軸索反射」に関わっているということは、鍼灸師の世界では一般的な知識ですが、そのサブスタンスPが嚥下反射・咳反射に深く関係しているということを知り驚きました。

さらに、アルツハイマー病の原因であるβアミロイド蛋白を分解する作用を持っているということも発見し、サブスタンスPの強者ぶりに本当に驚きました。


ちなみに「軸索反射」とは、置鍼した時にうっすらと赤みが出る現象でフレアと呼ばれています。これは刺鍼時の刺激によって分泌される、サブスタンスPの血管透過性亢進作用と、同じくペプチド系神経伝達物質のCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド) の血管拡張作用による働きで、刺鍼周辺部の血行が亢進していること示しています。血行改善、これは科学的に証明できる鍼灸治療の効果といえるものです。

「軸索反射」の説明は、こちらを参考にさせて頂きました。

 http://physioapproach.com/blog-entry-92.html 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPがサブスタンスPになります。

画像出展:「ペインリハビリテーション」三輪書店

介護のイライラを少なくするコツ

いつから介護が始まったのかと考えると、なかなか難しいところですが、ケアマネージャさんとのお付き合いからとすると8年目に入ったことになります。また、きっかけは回転性めまいを伴った突発性難聴による救急搬送でした。
100歳の大台がわずかに見えてきた母親ですが、現在も何とか要介護2を維持しており、世間で介護にご苦労されている人に比べれば、まだまだ楽なほうだと思います。
それでも、大きな声で話すこと自体がイライラの始まりで、お腹の底に隠れているストレスが隙あらば心を占領しようと狙っている様子です。
「このままではマズイぞ。何とかしないといけないなぁ。」と思うことが度々あり、そこで考え出したアイデア(心のもちかた)が次のものでした。
『母親も好きでよく聴こえないわけではない。好きでノロノロ歩いているわけではない。何度も同じことを聞くのは他に話すことが見つからないからだろう。愚痴や泣き言も心のバランスには良い薬になるだろう。そして、これらは全て【老化という化け物の仕業で本人も闘っている!』
という一文を、カリカリしはじめた脳ミソに放り込むという一手を加えました。

これにより、動き始めたストレスは大火事には至らず、ストレス指数も30%以上減っているという気がします。ご参考まで。

 

20年以上未改装の室内撮影は禁忌ですが、大変重宝しているポールをご紹介します。玄関に2本、トイレに2本、洗面所に2本、台所に5本、母親の部屋に1本、計12本のポールのおかげで母親は室内を移動することができます。

そしてこのポールは介護保険適用で1割負担のため、レンタル料は1本300円、12本でも月3,600円です。これは我が家にはなくてはならない必需品です。

 

追記1)

コツというより本質ですが、「心をととのえること」と「大人化」が重要であると再認識しました。

 

追記2)

月日とともに負荷が増えるのが介護の宿命ですが、「またかよ!」とか「なんでだよ!」など、ネガティブな感情に襲われることが増え、イライラが発生しその指数は高まります。そういう時は、囚われたネガティブな感情にちょっとフタをして、母親の姿や様子に意識を向け、冷静に観察してみると、「大変そうだなぁ」とか「頑張ってるな」とか「(老化と)闘っているな」ということに気がつきます。すると、「しょうがないなぁ」という気持がおこりイライラは減ります。