“かささぎ”

2007年5月17日、HP(ヒューレット・パッカード)発祥の地であるガレージと住宅が、米国国立公園局により、史跡として登録されました。

 

「史跡」となるガレージ(1939年撮影)

画像出展:「ITmedia NEWS

 

画像出展:「NoeHill Travels in California

こちらはシリコンバレーの地図と景観です。

 

画像出展:「SEO’Brien

 

画像出展:「The Guardian

2007年5月というと、入社25年目ということで私が銀行のお客様を担当していた頃ということになります。そういえば、親しいお客様とそんな話をしていたことを思い出しました。

HPによって始まったシリコンバレーの熱気は広がり続け、今も世界を代表するIT企業がひしめいています。そんなシリコンバレーに対する誇りと憧れから、シリコンバレーの地図に企業のロゴがデザインされたカレンダーを飾って大切にしていたのですが、そのカレンダーは2017年のものであり、「古いカレンダーをいつまでも貼っているのは、さすがにマズイなぁ」とは感じていました。

 

ビフォー

何か探さねばと検索したところ、すぐにAllPostersという「世界最大級のポスター&絵画ショップ」を見つけました。

その種類も量も半端なく、まさに世界最大級ショップです。選ぶのは容易ではないと痛感しました。

そして、迷いましたが “絵画(印刷)” にしようと決めました。

土曜日の夜10時から、テレビ東京が放送している『美の巨人たち』は比較的よく観ています。日本人では、葛飾北斎、伊藤若冲、東山魁夷などが思い出されます。外国人では、ダビンチ、ゴッホなどが思い浮かびます。

一番印象に残った絵は何だっただろう?」と考えたときに、あたまに思い浮かんだ絵が一面雪の風景に一羽の黒い鳥が描かれたものでした。確か放送の中では雪の描き方、光の表現の仕方が凄いというようなことを言っていたように思います。ただ、作品名も作者も覚えていませんでした。

 

まぁ、ドイツ、イタリアという感じはしなかったので、とりあえず「フランス」で検索してみたところ、候補の一つと考えていたゴッホの “夜のカフェテリア” が1列目(1列に3つ)に登場しました。そして、私が探していた絵はあっけなく2列目にありました。その絵の作者はクロード・モネ、作品名は“かささぎ 1869年”でした。 

美の巨人たち 

今日の1枚は、美しい冬の油彩画、クロード・モネ作「かささぎ」。描かれているのは、夏の避暑地として名高いフランス北部の街エトルタ。多くの画家を魅了した地です。のちにモネにとっても重要な場所となりました。枯れた木々や降り積もる雪に覆われた、誰もいない白の世界。その中に存在感を放つ1羽の黒い鳥“かささぎ”が…。果たして“かささぎ”にはどんな秘密が隠されているのでしょうか。』

 

アフター

 

ちなみに、左端に黒く見える“かささぎ”は、羽を広げると特に美しい鳥であることが判明しました。なんとなく、”かささぎ”という題名にした理由が分かるような気がします。また、何故かこの絵を選んで良かったなと思いました。(届いた実物を見たら、黒と思っていた”鳥”のお腹は少し青がはいっていました)

 

画像出展:「BIRD FAN

「札幌発野鳥観察」さまのサイトにたいへん綺麗な素晴らしい写真が掲載されていました。是非ご覧ください。 ”2/8 苫小牧でカササギに出会いました

こちらがフランス北部、ノルマンディ地域圏の ”エトルタ” です。

画像出展:「ウィキペディア

モネはこの ”エトルタ” の風景も、14年後の1883年に描いていました。

画像出展:「WikiArt

コルト・ラリーアート

長らくお世話になったフォルクスワーゲンGolfはこの夏で17年目を迎える予定でした。
昨年あたりから、電気系統、センサーなどに不安定な状態が時々発生しており、後付けのカーナビもアンテナの不具合で使用不可となっていました。
というように、ほとんど待ったなしの状況に加え、週2日の「訪問鍼灸・マッサージ」の仕事が4月から業務委託契約となり、自分の車を使うことになっていよいよ追い詰められていました。
一方、車に期待するのは、俊敏性と瞬発力、コンパクトでキビキビ走る機能性です。サッカー選手でいえば、ペナルティエリアまで切り込んで決定的なラストパスを出すようなプレーです。
環境重視、燃費重視の昨今では、特にコンパクトカーの中では思い当たるものもなく、「ホンダで探そうか」とも考えるものの、実は1代目、2代目がホンダだったこともあり、「それもなぁ」という煮え切らない状態でした。
そんな事態が続く中、運転をしている時に、たまたまワインレッドのコンパクトカーが低音で力強いエンジン音をたてて私の前に現れました。
「むむっ、これはどこぞの車?」とよく見ると、リアの左端の方に「COLT」というプレートがありました。「三菱?」、三菱の車といえば、パジェロか走りのランサーターボという印象で、コルトは完全にノーマークでしたが、地元浦和レッズを応援しているモノとしては、「そういう選択肢もあるかな」と思い、その日の夜にどんな車か詳しく調べてみました。

すると。。。
COLT RALLIART Version-Rは、小型ハッチバックのコルトをベースとしたスポーツモデルで、スポット溶接の増し打ちなどによりボディ剛性が強化されており、エンジンはMIVEC-ターボ 直接4気筒 DOHC 1,468cc。最高出力154PS(マニュアルミッション車は163PS)。販売期間は2006年5月-2012年6月。生産は名古屋製作所岡崎工場で行われていた等々。という紹介がされていました。

このスペックは現Golfの1780cc、150psと比較しても遜色なく、シャキシャキ走ることは想像でき、排気量が少ない分、燃費も良いだろうと思いました。
こうして、埼玉、東京で適当な中古車が販売されていないか探してみたところ、価格的にも予算内におさまりそうなものがありました。
ちょっと迷いましたが、考える時間もあまり残っていなかったので、その週の週末には販売店に行き、実物を確認しその場で購入を決めました。

静寂さや乗り心地は期待していなかったので特に問題なく、瞬発力は予想通りで満足しています。ただし、ヒトで考えれば還暦を超えた年齢になると思うので、乱暴な運転は厳禁であり、安全第一が相棒の務めになるだろうと思います。


付記

そういえば、母方の叔父は身長160cmに満たない小柄なヒトでしたが、70歳までホンダCB750を乗り回していました。その後は、確か、125ccのスクーターで我慢していたように思います。私はスピード狂では決してありませんが、瞬発力にこだわるのは血が関係しているのかもしれません。

画像出展:「Tiend Boxer Clasicas

新しい自転車を買ったわけ

新しい自転車を9月2日に購入しました。自転車愛好家というわけではないのですが、坂道も自転車から降りることなくスイスイと走っていたいため、2002年から前3段、前後合わせて15段以上の変速機がついたクロスバイクに乗っています。

ちなみに、2002年というのは日韓サッカーワールドカップが開催された年ですが、埼玉スタジアムで行われる「日本対ベルギー戦」観戦のため、圧倒的に便利な自転車を買い求めました。
今回の自転車は3台目ですが、購入日が9月2日だと分かるのは、ちょっとした事件があったためです。

前日9月1日はサッカーワールドカップ最終予選のUAE戦が埼玉スタジアムで行われた日ですが、運よくチケットを入手できた私は、天気も良かったため、機嫌よく自転車で埼スタ登場という段取りでした。

ところが試合結果は散々、「さっさと帰って、風呂にでも入ろう。」などとブツブツ考えながら、ややスピードを上げ帰り道を急いでいました。残り1、2kmのところにコンビ二があるのですが、数日前から移転のため店は閉められ、明かりのない周辺はかなり暗い状況でした。
初めて通る道ではないので、明かりさえついていれば、あるいは気分よくノンビリ走っていれば、こんなことにはならなかっただろうと後悔するわけですが、、、
「ガツン!」という衝撃後、体は宙を舞い、そしてアスファルトにたたきつけられました。お恥ずかしい限りの転倒です。それは、走っていた車道が信号待ちの車列のため道がふさがれており、歩道に入ろうとしてハンドルを左にきった瞬間のできごとでした。

それなりに派手にとんでいたようで、停車中の車から一人の親切なおじさんが、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。幸い、頭も首も問題なく、骨折するようなこともなかったのですが、「おかげさまで、大丈夫です。」と言いおえる寸前に、左肘の厚皮がムケて血がタラタラと落ちているのに気がつきました。とはいえ、大きな怪我もなく、まさに不幸中の幸いというところでした。

余計なお世話と思いますが、自転車に乗るときは縁石にはご注意ください。原因は左の写真に写っている、微妙にカーブがついた縁石です。右の写真のバックは埼玉スタジアムです。

補足)今回の出来事に巻き込まれた2台目は、もともとお疲れ気味だったこともあり、また修理も必

   要となるため、引退となりました。


ホームページ作り

「最低限ホームページは必要だよな。」

と思い、業者に発注することも考えましたが、費用面に加え自分自身で編集したいという気持ちが強かったため、まずは自前で作る案を検討しました。下記はその進め方や気づいた点を書き出したものです。

 

1.コンピュータに対する知識や習熟度

コンピュータという意味では、数年前までは仕事でExcel、Word、Powerpointを標準機能の範囲で使っていましたが、技術的な知識は全くありませんでした。

 

2.ネットで判断材料を情報収集

事例や各種ツール、ご意見などネット上にある様々な情報にアクセスし、何とか自分自身で作れそうだという判断をしました。

 

3.「ホームページ作成サービス」のJimdoを選択

Wixという特にデザイン面に優れた「ホームページ作成サービス」にしようか迷いましたが、基本機能等、全体的な印象が自分にとって親しみやすい印象だったためJimdoを選びました。(Word、Excel的な感じが自分にとっては安心材料になったのだろうと思います)

 

4.本を購入

本は必須ではありません。

私の場合、本を購入した1番の理由は完成後に大きな変更をしようとしたとき、空白期間にもよりますが、おそらく、その時はほとんど忘れてしまっているだろうと想像したためです。つまり、本があれば本を見返すという行為により、記憶が戻りやすく、少しでも効率よく対処できるのではないかと考えました。

 

5.コンテンツ(文章など)は事前に準備

内容を吟味しながら作っていくのは効率的とは思えず、また、自分には難しいと考えコンテンツ(文章)を事前に検討し準備しました。なお、Excelなどで作るとデータに属性がついているため、コーピーしたときに思ったように表示されないことがあります。そのため、「メモ帳」を使って文書を準備しました。なお、これはお伝えしたい第1のポイントです。

 

6.ブログ作成時の注意

2015年9月にホームぺージをリリースし、その後、先月の8月15日に改訂しました。そして今回、新たにブログを開始すべく取り組んだのですが、Jimdoでブログを作る場合、大きな注意点があることを知りました。これが第2のポイントです。Jimdoには多くのレイアウト(テンプレート)が用意されており、簡単に変更することが可能です(変更後に内容確認と多少の調整がある程度です)。一方、ブログでは時系列や内容による分類を行い、それをメニューとして常時表示させた方が見やすく親切な作りといえるのですが、そのような作りができるレイアウトと標準機能では出来ないレイアウトがあります。細かい話ですが、8月15日に改訂したレイアウトはJimdoでいう「マイアミ」というレイアウトだったのですが、ブログ作成には適していないことが完成後に分かり、今回、改めてレイアウ トを「サンフランシスコ」というものに変更することとなりました。実は「シカゴ」が第1候補だったのですが、ロゴのサイズと配置が「マイアミ」とは異なっていたため、この点について問題のない「サンフランシスコ」に決定しました。

 

7.課題

現在のホームページは圧倒的に文章が多くなっています。これは私自身が「お絵かきツール」を使いこなせないのが最大の理由です。ツールとしてはPhotoshopやIllustratorなどが有名ですが、必要十分な機能のソフトを学習し、図や絵を活用して内容を分かりやすくできることが課題です。

 

8.まとめ

1)文書を事前に準備するときは「メモ帳」を利用するのがお勧めです。

2)ブログを行う場合は、ブログを作りやすい「レイアウト」を選択することが重要です。